「都合の良い女」にならないために

女性のみなさんは、大好きな元彼とよりを戻したいがあまり、相手にとって「都合が良い女」になってしまっていませんか?「気持ちをきちんと伝えなくちゃ!」と思って、自分はまだ好きであり、復縁したいという希望を告げる…「彼の願望を叶えてあげられる魅力を持たなくちゃ!」と考えて、内面や外見を磨き、彼の希望に沿った行動をするようになる…「彼に必要としてもらいたい!」と感じるあまり、差し出された要望をどんどん請け負ってしまう…。
確かに、大好きな彼の側にいることはできるようになるかもしれません。しかし、彼にとっての「都合の良い女」が、あなたがなりたかったものなのでしょうか?彼からの愛情なく、ただ要望を叶えて、世話をするように身を削り、都合が良いときだけデートをして身体の関係を持つ…これでは心があまりに虚しくはないでしょうか?そういう事例をいくつも聞いたことがあります。話を聞いている周りからしたら、「どうしてそんな男と一緒にいるの?ただ良いように使われているだけじゃん。」と思われているかもしれません。自分ではなかなか気づかないものです。周りの意見を聞くのも大切かもしれませんね。
彼に悪意がなく、「都合の良い女として使ってやろう」という意図がなくても、自分より大きな気持ちを持って接してくる元カノに対して、こういう態度をとってしまう男性は結構多いものです。それを避けて、上手な復縁を果たすためには、駆け引きの上手さが必要ですよ。アタックはほどほどに、距離感も適度にとることがポイントです。自分から押してしまった場合は少し距離を置いて引いてみましょう。もしそれで相手が「あれ?」となって連絡をしてくるようであれば、あなたにチャンスはあります。

<関連記事>

  « 前の記事: を読む