復縁メールは手短に

復縁したい相手にメールをする場合はしてはいけないことが4つほどあります。
まず、文面は短めにすることです。
別れてから1週間くらいにしましょう。
内容は自分の謝罪です。
相手に対する感謝の言葉で最後は終わってください。
その時、あえて「さよなら」としなくてもかまいません。
相手から返信が来ても有頂天にならないようにしましょう。
あくまでも冷静に最初よりもさらに短いメールで返信しましょう。
大体、2行以内がベストです。
ophrstr
そして、ここからが正念場です。
冷却期間に入ります。
ただ漠然としているのではなく、自分磨きなどに費やしましょう。
このほかにも復縁メールではMGのことがあります。
メールの内容が未練を伝えるものやネガティブな内容のもの、返信を催促することのタブーです。
この3つに言えることはいずれも自己中心的な内容になるからです。
あくまでも相手の立場にたって内容も吟味しましょう。
例え、返信がこなくても催促してはいけません。
復縁の相手が元カレや元カノの人もそうです。
ある日突然、返信がこなくなると不安になるでしょうが、こんな時こそ冷静に行動しないとさらに事態を悪化させます。
また、相手が男性であるか女性であるかで、その心理が変わってきます。
男性の場合は面倒なことを嫌う傾向がありますから、「今は一人がいい」などと言うことがあります。

<関連記事>

次の記事: を読む »